学会の活動

広報塾

時代に見合った、会員の関心の高いと考えられるテーマを取り上げ、講演とディスカッションを行う、会員による会員のための相互研鑚の場です。事業委員会が主催している広報塾を紹介します。地域部会が中心となっている主催している広報塾は、地域部会のページで紹介しています。

次回開催予定 Next Event

「第89回広報塾「生成AI時代の健全なニュースのエコシステムをつくる  ースローニュースの取り組みー」」イメージ画像

第89回広報塾「生成AI時代の健全なニュースのエコシステムをつくる ースローニュースの取り組みー」

概要

 広報塾は時代に見合った、会員の関心の高いと考えられるテーマを取り上げ、講演とディスカッションを行う、会員による会員のための相互研鑚の場です。本年度も旬なテーマの数々を用意しております。

今回は「生成AI時代の健全なニュースのエコシステムをつくる」ことをテーマに瀬尾傑さんにご登壇いただきます。この機会に、新しい時代のジャーナリズムの可能性を共に探り広報学会の絆を深めていければ幸いです。

【スローニュースの思想】
スローニュース、この言葉には、時間をかけてゆっくり取材する姿勢や記事をじっくり書くスタイルが込められています。ネットのファストな世界とは対照的に、ゆっくりとしたペースで読者に情報を提供し、先入観や偏見にとらわれない冷静な視点で真実を追求します。

【調査報道へのこだわり】
また、今回のテーマは「生成AI時代の健全なニュースのエコシステム」。この探求心は、調査報道へのこだわりとも連動しています。隠れていたファクトを徹底的に調査し、明らかにする作業には時間と手間がかかりますが、その結果生まれる情報は信頼性が高く、民主主義の礎となります。

開催日時:

2024年2月7日(水)18:30~20:00(★Zoomによるオンライン開催、18時15分にはZoomオープン)

タイトル:

「生成AI時代の健全なニュースのエコシステムをつくる  ースローニュースの取り組みー」

登壇者:

瀬尾傑氏 

日経BP社『日経ビジネス』記者、講談社『現代ビジネス』編集長、第一事業戦略部長などの豊富な経歴を持ち、スマートニュースメディア研究所所長としても活躍。19年2月、調査報道支援のための会社、スローニュースを設立し、代表に就任。新しい時代のジャーナリズムの育成と支援に取り組んでいます。23年、スローニュースの連載を書籍化した『黒い海 船は突然、深海へ消えた』(伊澤理江著)が第64回大宅壮一ノンフィクション賞、第45回講談社本田靖春ノンフィクション賞をW受賞されています。独自の調査報道を配信する有料のコミュニティメディア『SlowNews』https://slownews.com/を運営中。 インターネットメディア協会代表理事。

参加費:

無料

募集人員:

100名

参加資格:

日本広報学会会員以外の方もお申込みいただけます

ZoomのURLはお申込みをいただいた方にメールでご案内します。

問合せ:

日本広報学会 事業委員会 委員長 田代 順

「第87回広報塾「最新中国事情~巨竜に迫った3年間~」」イメージ画像

第87回広報塾「最新中国事情~巨竜に迫った3年間~」

概要

 広報塾は時代に見合った、会員の関心の高いと考えられるテーマを取り上げ、講演とディスカッションを行う、会員による会員のための相互研鑚の場です。本年度も旬なテーマの数々を用意しております。

世界第2位の経済大国・中国。米中対立やデカップリングが深まる中、日本にとって最大の貿易相手国であり、引っ越しできない隣人である〝巨竜〟にどう向き合えばいいのでしょうか。
 西日本新聞の中国総局長(北京特派員)として今夏まで3年間、中国に駐在し、外国人記者の立ち入りが制限されたチベット自治区を除く全30省・自治区・直轄市の100都市以上を歩いてきました。
 「ゼロコロナ」政策などで経済が失速し民衆の不満が高まる一方、習近平国家主席(中国共産党総書記)に権力や権威が集中する「一極体制」が完成。国内の安定を最優先に反スパイ法が改正され、今春には日系企業幹部が拘束されました。日中関係は国交正常化後最悪レベルと言われるほど冷え込んでいます。
 私も7度にわたり軟禁や一時拘束を経験しましたが、多様性や変化のスピードの速さ、親日的な人の多さ、共産党≒役人≠人民など、中国の素顔を垣間見ることができました。原発処理水や台湾を巡る問題も含め、見たまま感じたままの「最新中国事情~巨竜に迫った3年間~」をご報告したいと思います。

開催日時:

2023年11月14日(火)18:00~19:30(★Zoomによるオンライン開催、17時45分にはZoomオープン)

タイトル:

「最新中国事情~巨竜に迫った3年間~」

登壇者:

坂本信博氏 西日本新聞 社会部次長

1972年、福岡市生まれ。マレーシアの邦字紙記者や商社勤務を経て1999年に西日本新聞に入社。長崎総局や社会部、東京支社報道部などを経て2015年に「戦後70年  安全保障を考える」取材班キャップとして平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞。2016年に外国人労働者との共生を考えるキャンペーン報道「新 移民時代」取材班キャップとして早稲田ジャーナリズム大賞受賞。2018年にSNSで読者と記者がつながり課題解決を目指すオンデマンド調査報道「あなたの特命取材班」(日本記者クラブ特別賞受賞)を創設。2020年から3年間、中国総局長(北京特派員)として中国に赴任し、2022年に新疆ウイグル自治区の強制不妊疑惑を巡る調査報道で調査報道大賞・選考委員特別賞受賞。2023年8月に帰国し、現在は社会部次長。
 主な共著に「医療崩壊を超えて」(ミネルヴァ書房)、「安保法制の正体―「この道」で日本は平和になるのか」(明石書店)、「新 移民時代」(同)など。

参加費:

広報学会個人会員:2,000円 学生会員:1,000円 学会会員以外:3,000円
*登壇講師謝金の原資とさせていただきますのでご理解ください

募集人員:

100名

参加資格:

日本広報学会会員以外の方もお申込みいただけます

ZoomのURLはお申込みをいただいた方にメールでご案内します。

問合せ:

日本広報学会 事業委員会 委員長 田代 順

「第86回広報塾「アサヒビールが目指す、新しいお酒文化の創造-スマートドリンキング」」イメージ画像

第86回広報塾「アサヒビールが目指す、新しいお酒文化の創造-スマートドリンキング」

概要

飲み方の多様性「スマドリ」が生み出す新たなお酒のコミュニケーションとは?
「スマドリ(スマートドリンキング)」とは、お酒を飲む人・飲まない人、飲める人・飲めない人、飲みたい時・飲めない時、 あえて飲まない時など、さまざまな人々の状況や場面における“飲み方”の選択肢を拡大し、多様性を受容できる社会を 実現するために商品やサービスの開発、環境づくりを推進していくアサヒビールの新たな取り組みです。 アサヒビールは、このスマドリを広めるために、様々な商品提案や飲み方提案などと合わせ、 2022年6月に渋谷センター街にスマドリ体験の場、「スマドリバー渋谷」をオープンしました。 さまざまなアプローチがあるなかで、“アサヒビール”を大きく掲げない店舗をオープンした理由はどこにあるのか。 

今回の広報塾では、アサヒビールの新価値創造推進部長でスマドリ株式会社の社長も兼任されている 梶浦瑞穂さんを講師にお迎えし、このスマドリの取り組みについてお話を伺います。これまで、お酒を飲む人、お酒を飲んでいただくことに注力してきたアサヒビールが、お酒を「飲まない人」約4,000万人にアプローチする取り組みは、新しい時代を読み解くヒントになると思います。

 

開催日時:

2023年3月7日(火)19:00~20:30(★Zoomによるオンライン開催)

タイトル:

「アサヒビールが目指す、新しいお酒文化の創造-スマートドリンキング」

講師:

梶浦瑞穂氏 アサヒビール株式会社 新価値創造推進部 部長 兼 スマドリ株式会社 代表取締役社長

1998年 早稲田大学卒業後、アサヒビール株式会社入社。

クリアアサヒ、スーパードライなどのブランディングに携わった後、グローバルビジネスシニアマネージャー、インドネシア駐在などを経て、2017年にはHead of Global Marketingに就任。

2019年には新価値創造推進部部長、2022年からはスマドリ株式会社の代表取締役社長も兼務。

プログラム:
  • 全体の構成や会の意図の説明(司会進行)
  • スマドリの取り組みについて(梶浦瑞穂氏)
  • 質疑応答(事前および参加者から)
参加費:

無料

募集人員:

150名

参加資格:

日本広報学会会員以外の方もお申込みいただけます

ZoomのURLはお申込みをいただいた方にメールでご案内します。3月5日(金)正午までにお申込みください。

問合せ:

日本広報学会 事業委員会 委員長 鶴野 充茂

「第85回広報塾「カンヌライオンズ2022 PR部門の紹介 ~マーケティングPRのイマとコレカラ~」」イメージ画像

第85回広報塾「カンヌライオンズ2022 PR部門の紹介 ~マーケティングPRのイマとコレカラ~」

概要

世界最高峰の“マーケティング・アクティビティの祭典”として知られる「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」。2009年~は“PR部門”が設けられ、世界各国から多くのマーケティングPR事例が応募され、グランプリ・金賞・銀賞・銅賞が表彰されています。コロナ禍で中止やオンライン開催を余儀なくされる中、第69回となる今年2022年は、3年ぶりにカンヌ現地で開催され(620日~624日)、例年以上の盛り上がりを見せました。

今回の広報塾では、今年のPR部門審査員を務められた国田智子氏(株式会社 電通PRコンサルティング 常務執行役員)に、審査のポイントや主な受賞作についてご紹介いただきます。また合わせて、2019年秋から日本代表事務局を務めることとなり今年現地カンヌではイベントスペースを確保し様々なプログラムを実施するなどした、日本経済新聞社の金山亞裕子氏(カンヌライオンズ事務局担当)に、カンヌライオンズの全体像と日本の関わり方についてお話いただきます。

 

開催日時:

9月8日(木)19:00~20:30(★Zoomによるオンライン開催)

タイトル:

「カンヌライオンズ2022 PR部門の紹介 ~マーケティングPRのイマとコレカラ~」

講師:

国田智子氏 株式会社電通PRコンサルティング 常務執行役員

1991年(株)電通PRセンター(現電通PRコンサルティング)入社。 30年にわたってPRコンサルタントとしてIT企業、製造業、小売業、出版社、教育機関、官公庁のマーケティングコミュニケーションとコーポレートコミュニケーション支援に従事。SABRE Awards Asia-Pasic2015161820年)、PR Awards Asia2018年)、Spikes Asia2019年)の各PRアワードで審査員をつとめ、2022年カンヌライオンズPR部門ショートリスト審査員。

金山亞裕子氏 日本経済新聞社 カンヌライオンズ日本事務局

2017年 日本経済新聞社入社後、広告営業を経て、20199月よりカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルの日本事務局を担当。日本におけるカンヌライオンズのプロモーション活動に従事。

プログラム
  • 全体の構成や会の意図の説明(司会進行:佐藤達郎/多摩美術大学教授、日本広報学会 事業委員会)・・・5
  • カンヌライオンズ全体像と日本の関わり方(金山亞裕子氏)・・・15
  • カンヌライオンズ2022PR部門について(国田智子氏)・・・30
  • 登壇者3名でのパネルディスカッション・・・30
  • 参加者からの質疑応答・・・10
  • (※当初は国田様、金山様の予定だった登壇順を、金山様、国田様の順番に変更しました。8月22日)
参加費:

無料

募集人員:

150名

参加資格:

日本広報学会会員以外の方もお申込みいただけます

ZoomのURLはお申込みをいただいた方にメールでご案内します

問合せ:

日本広報学会 事業委員会 委員長 鶴野 充茂

国田智子氏
金山亞裕子氏
「第84回広報塾 「防衛省における広報: 現状と課題」」イメージ画像

第84回広報塾 「防衛省における広報: 現状と課題」

概要

ロシアによるウクライナ侵攻や、繰り返される北朝鮮のミサイル実験などにより、安全保障への関心が大きく高まっています。岸田首相も防衛費の増額を表明し、国の防衛について、今後より一層、社会から注目が集まるものと考えられます。そんな中で、防衛省はどのような広報活動を展開しているのかについて、お話を伺います。

開催日時:

7月19日(火)19:00~20:30(★Zoomによるオンライン開催)

タイトル:

「防衛省における広報: 現状と課題」

講師:

〇防衛大臣政務官 中曽根康隆 氏 「日本の安全保障」 ₍約40分⁾

昭和57年1月19日生まれ。平成17年 3月 慶應義塾大学法学部 卒業。平成20年5月 米国コロンビア大学大学院国際関係学修士課程 修了。平成20年 7月 JPモルガン証券株式会社 入社。平成25年 8月 参議院議員中曽根弘文事務所 入所。平成29年 10月 参議院議員中曽根弘文事務所 入所。平成29年10月 衆議院議員当選(1期目)。令和 3年10月 衆議院議員当選(2期目)。令和 3年11月 防衛大臣政務官兼内閣府大臣政務官(第2次岸田内閣)

〇防衛省大臣官房広報課長 安居院公仁 氏 「防衛省における広報活動」⁽約30分⁾

大学卒業後、防衛庁(当時)航空自衛隊入庁。平成6年に本省勤務となり、平成23年には内閣官房へ出向。東日本大震災復興対策本部事務局で被災者に対する復興対策業務に従事。整備計画局防衛計画課勤務の際には、鹿児島県奄美大島、沖縄県宮古島及び石垣島への陸上自衛隊部隊配備や佐賀県へのV-22オスプレイ配備にも携わる。このほか、防衛大臣政務官及び副大臣秘書官や国家公安委員長秘書官にも従事し、大臣官房文書課勤務の際には国会業務に関わり、国会議員への対応も経験。これまで10年弱にわたり防衛省広報課報道室で勤務し、令和3年から大臣官房広報課長として着任している。

参加費:

無料

募集人員:

150名

参加資格:

日本広報学会会員以外の方もお申込みいただけます

ZoomのURLは前日までにメールにてご案内します

問合せ:

日本広報学会 事業委員会 委員長 鶴野 充茂

「第83回広報塾 (トヨタイムズの取り組み)【広報学会会員限定】」イメージ画像

第83回広報塾 (トヨタイムズの取り組み)【広報学会会員限定】

トヨタ自動車の「トヨタイムズ」は、新たな広報手法と位置付け、進化を続けているオウンドメディアです。

自動車製造業から「モビリティカンパニー」へ変革、トップ自らが企業情報、インナー情報だけでなく社会課題への対応方針をも積極的に語るメディアでもあり、各方面から大きな注目を集めています。

今回の広報塾では、トヨタ・コニック・プロ《ブランディング部 トヨタイムズユニット ユニットリーダー》の北澤重久さんをお招きし、「トヨタイムズ」立ち上げの目途と現在・これからについてご紹介いただきます。

参加ご希望の方はページ下部のお申込みフォームから4月14日 18:00までにお申し出ください。なお、定員に達した場合は、締め切ることがありますのでご了承ください。

また、今回の広報塾は、「広報学会会員限定」とさせていただきますのであわせてご理解ください。

開催日時:

4月18日(月)19時より 20時30分頃解散予定(オンライン開催)

タイトル:

トヨタイムズの取り組み

講師:

北澤重久 氏(トヨタ・コニック・プロ《ブランディング部 トヨタイムズユニット ユニットリーダー》)

参加費:

無料

募集人員:

250名(好評につき急遽増枠しました(4月5日))

参加資格:

広報学会会員限定

問合せ:

日本広報学会 事業委員会 鶴野 充茂

過去の広報塾

「第82回広報塾 (セブン-イレブン・ジャパンのSNS活用の取り組み)」イメージ画像

第82回広報塾 (セブン-イレブン・ジャパンのSNS活用の取り組み)

詳細はこちら

「中四国部会設立準備会 第2回CCカフェ福山:CCの課題解決のためのディスカッション」イメージ画像

中四国部会設立準備会 第2回CCカフェ福山:CCの課題解決のためのディスカッション

詳細はこちら

年度別アーカイブ