日本広報学会について

入会案内

会員のメリット

  1. 最先端の研究成果の収集、発表

    研究発表大会などに参加して、最先端の研究成果について知見を深めることができます。また、各自の学術研究 や広報実務で得られた理論や課題を広く発表できます。

  2. 学会誌による研究成果の公表

    学会誌『広報研究』を通して、先端的な理論に触れたり、各自の研究成果や現場の事例を体系化し社会に広く公 表したりできます。日本広報学会は日本学術会議に加盟しています。

  3. 研究会による共同調査・共同研究

    関心のあるテーマ別研究会に所属し、各分野の専門家と横断的なネットワークをつくり、共同調査・共同研究が できます。研究成果は研究報告書として刊行されます。

  4. 最新の広報事情の把握と人脈づくり

    法人会員は、その年度のすべての研究報告書を無料で入手できます。また、業界を超えて会員企業・団体と交流 することにより、最新の広報事情を広く把握でき、さらにキーパーソンとなる研究者、企業・団体関係者と幅広い 人脈づくりもできます。

会員構成及び年会費

個人会員

449名(年会費 10,000円)

学生会員

38名(年会費 5,000円)

法人会員

49法人(年会費 1口 100,000円)
代表者・法人会員登録者数158名

(2018年7月2日現在)

※学生会員は大学の学部または大学院に在籍する学生を指します。

入会手続きは、学生会員(新規・変更)申込書に学生証の写しを添付してご提出下さい。

入会申込書

テキスト入会ご希望の方は、申込書をプリントアウトして必要事項をもれなくご記入の上、
署名・捺印して事務局まで郵送して下さい。

宛先

〒169-8518
東京都新宿区高田馬場1-25-30 社会情報大学院大学内