刊行物

投稿規定

投稿論文を募集します

日本広報学会学会誌『広報研究』第26号

第26号(2022年4月発行予定)の投稿論文を募集します!

日本広報学会では、学会誌『広報研究』の投稿論文を会員の皆様から募集しています。
原稿分量は以下の通りです。
論文・総説・事例研究・実務からの考察:本文24000字以内(図表・注釈・参考文献を含む)
研究ノート:本文12000字以内(図表・注釈・参考文献を含む)

投稿は事前申込制です。論文投稿をされる方は、下記の「投稿申込書」をダウンロードして、必要事項を記入の上、事務局宛に送信して下さい。

投稿申込期限:2021年11月4日(木)
原稿提出締切:2021年11月25日(木)

なお、論文・総説・事例研究には査読があります。研究ノート・実務からの考察につきましても、掲載の可否は、学会誌委員会での審議により決定しますので、ご承知おき下さい。

皆様の投稿論文をお待ちしています。

投稿申込書は
こちら

投稿規定

日本広報学会誌「広報研究」の編集・発行等に関する規程

日本広報学会(以下、「本学会」という)は、広報およびその関連する領域における学術研究、実務的研究の発展、啓発に積極的に寄与することを目的として発行する学会誌『広報研究』(以下、「本学会誌」という)の編集・発行等の手続について、本規程を制定する。

投稿規定PDFは
こちら

投稿の手引き

投稿の手引きについて

投稿の手引きは、「日本広報学会誌『広報研究』の編集・発行等に関する規程」第4条3項に準じて投稿する方に、遵守していただきたい原稿の体裁や提出手続きを定めています。
ご不明の箇所がありましたら、本学会事務局までご相談ください。

投稿の手引きPDF
はこちら