刊行物

学会誌「広報研究」

概要Outline

「第16号 2012年3月発行」イメージ画像

第16号 2012年3月発行

論文
  • 和田  仁:福島原発事故からの広報倫理とプロフェッショナリズム再興に向けて—社会的批判・疑念に応える試論—
  • 伊藤 直哉:東日本大震災における生活者の情報行動とリスク認知—リスク・コミュニケーションのための実証的基礎研究—
  • 川北眞紀子:ニュース流通の仲介者としての広報部門の役割—メディア・リレーションズにおける情報縮約と品揃え形成—
研究ノート
  • 坂田 利康:企業広報におけるCSRコミュニケーションの影響について
  • 弦間 一雄:メディア環境の変化による企業コミュニケーションのシームレス化現象—コミュニケーション・モデルによる広報と広告の相違点と類似点の再考—
書評
  • 清水 正道:清水勝彦著『戦略と実行 組織的コミュニケーションとは何か』
  • 矢田 義一:林 香里著『〈オンナ・コドモ〉のジャーナリズム—ケアの倫理とともに—』
  • 村上 信夫:奥山俊宏著 『ルポ 東京電力 原発危機1カ月』
第6回
日本広報学会賞

概要報告、受賞作品の講評

受賞の感想

  • 猪狩 誠也:「教育・実践貢献賞」を受賞して
  • 吉田  博:受賞の御礼—IRの戦略的課題について—

学会だより