刊行物

学会誌「広報研究」

概要Outline

「第10号(創立10周年記念特集) 2006年3月発行」イメージ画像

第10号(創立10周年記念特集) 2006年3月発行

巻頭言

猪狩誠也:日本広報学会の10年を顧みて

オピニオン

上野征洋:言語の始原、そして終末へのイドラ

創立10周年記念特集

講演

鄭硯農:拡大する中国市場とPRの役割

論文
  • 関谷直也:広報研究と広報・Public Relationsの実践の架橋−日本広報学会の意義と果たすべき役割−
  • 猪狩誠也:広報の定義をめぐって−歴史的考察−
座談会

日本広報学会の過去・現在・未来

定例寄稿

論文
  • 北見幸一:クライシスコミュニケーションと資本市場−レピュテーション低下の防御と相互理解のための広報−
  • 森津千尋:2002年W杯におけるスポンサーシップと アンブッシュマーケティング−韓国における「街頭応援」現象について−
  • 伊吹勇亮:大学におけるスポーツ広報の新潮流
総説
  • 清水正道:広報測定・評価手法開発の要件
  • 吉野ヒロ子:言説空間としての女性誌 −読み手の経験に即した広報効果測定手法への試論−
書評
  • 井上邦夫:内外文献にみるコーポレート・レピュテーション をめぐる最近の論議
  • 小宮山恵三郎:岩本俊彦著『環境マーケティング概論』
  • 濱田逸郎:宮田穣著『サステナブル時代の コミュニケーション戦略』

学会だより